創刊1961年、ミセスは毎日に暮らしに美しさ、豊かさを求めるすべての大人の女性に上質な情報を、洗練されたビジュアルでお届けする女性誌です。

最新号

目次を見る
42

〈ファッション特集〉シャツ&ブラウス

1 シャツブラウスがいい感じ
2 心地よい、シャツの着こなし
3 一枚で絵になるブラウス
80

〈特集〉何度でも行きたい鎌倉

Part1 木村多江さんと鎌倉で「和の文化」を学ぶ
一条恵観山荘/東慶寺

Part2 私の鎌倉散歩
97─六月の花巡り  久保純子さん
102─仏像を訪ねる旅  角田光代さん
110─今、いちばん行きたいレストランとカフェ
116─極私的鎌倉建築歩き  藤森照信さん
118─俳句で歩く散歩道  岸本葉子さん
120─海と山と、記憶に残る場所へ
108、109、124、125─私の鎌倉百景  ほか
127

〈とじ込み付録〉
海と山を味わう鎌倉のおいしいもの

180

夏までにしておきたい、
ボディケア

196

すっぱくて、おいしくて、体にいい料理
お酢はすごい!

13─〈速水御舟 挑戦し続けた画家〉翠苔緑芝
21─〈花のある暮し ニューヨーク〉ミキコ イノ サイトウ
初夏の光と戯れるガーデンローズの甘い香り
23─〈ミセス特選〉海風を感じて
27─〈時が紡ぐストーリー〉ジラール・ペルゴ
29─〈表紙の人〉柴咲コウさん
30─〈モチーフが語る夢〉ブシュロン
36─ミヤケマイ〈クロヤギ シロヤギ通信〉
水たまりの中の空
39─“ハリー・ウィンストン”の可憐な輝き
忘れな草に魅せられて
62─雨がやんだら…
77、79─〈ファッション・ニュース〉
126─『ミセス』読者イベント
「一条恵観山荘×『ミセス』特別茶会」を開催いたします
148─スマートフォンで写真をきれいに撮る方法
156─琳派とデザイン
164─〈日本の美しい布〉大島紬
168─〈大塚あや子のステッチワーク〉シュヴァルム刺繡
176─〈時代を創る男たち〉瑛太
193─〈今気になる美容スポット〉
「神崎式美眼鍼®コース」で肌力アップ!
195─〈ビューティ・ニュース〉
211─〈クッキングカード〉渡辺麻紀
216─ようこそ、「ミセス外来」へ 特発性正常圧水頭症
219─ミセスビュー
237─ミセスサロン
238─ミセス通販特選ショッピングガイド
242─次号予告
244─お得な年間定期購読のご案内
245─読者プレゼントアンケート
246─読者の声
247─編集後記
248─文化出版局の本
250─ご協力いただいたお店ご案内



好評連載

19─角田光代〈あなたのことはよく知らない〉
32─千 宗屋〈和菓子十二か月〉
34─清野恵里子〈きもの歳時記〉
170─沼野恭子〈現代ロシアのおとぎ話〉
172─久保純子〈ニューヨーク便り〉
174─齋藤 薫〈セカンドステージ〉

June 2018 No762 6
2018.5.7発売

ミセス最新号

誌面から

ファッション
design:Kimura Design Office,Inc 〈ファッション特集〉

シャツ&ブラウス

カルチャー
design:Kimura Design Office,Inc <特集>

何度でも行きたい鎌倉

ビューティ&ヘルス
design:Kimura Design Office,Inc

夏までにしておきたいボディケア

食
design:Kimura Design Office,Inc <とじ込み付録>海と山を味わう

鎌倉のおいしいもの

ファッション
design:Kimura Design Office,Inc On a rainy day

雨がやんだら・・・

食
design:Kimura Design Office,Inc すっぱくて、おいしくて、体にいい料理

お酢はすごい!

次号予告7月号2018.6.7発売

目次を見る
〈特集〉豊かに心癒やされる

自然を感じる暮し


都会暮しの中でも、グリーン、木、香り、音などの自然を
取り込む工夫で、日常生活はぐっと楽しく豊かになります。

Part 1
もっと暮しに
グリーンと木を
室内で楽しむ植物のアレンジ法や選び方。あるだけで癒やされる木や
布の自然素材の家具や小物、ルームフレグランス、音楽などをご紹介します。

Part 2
自然とつながる
家づくり
屋外の気持ちよさを取り入れながら、快適な暮しを実現する
理想的な家づくりのポイントを、建築家・彦根アンドレアさんにお聞きします。

〈ファッション特集〉

猛暑日の涼やかな外出着

どれほどの暑さに見舞われようと、おしゃれは涼やかに見えることが大切。
夏の日をスマートに乗り切る外出着とは?

〈ファッション〉

夏のジュエリーは軽やかに

対極にある異なるタイプのジュエリーで展開する二つのストーリー。
どちらもキーポイントは軽やかさです。

きものでお出かけ

糸の光沢、織りの陰影。この夏とっておきのお出かけに、
表情豊かな夏のきものを着てみませんか。
涼やかで上品なコーディネートとともに。

〈ビューティ〉

ヘアケアもスキンケアです!

スキンケアをするように、頭皮と髪の手入れをしていますか?
進化するヘアケア剤やドライヤーに合わせた最新のお手入れ方法。

〈料理〉

家で作る、夏の涼菓子

杏仁豆腐、抹茶クリームみつ豆、冷やし汁粉など、
家で簡単に作ることができる冷たいお菓子のレシピ。

〈アート〉太陽の光と風を感じて

印象派の世界へ

屋外へと飛び出し、自然の中でさまざまな風景を描いた
印象派の画家たち。東京都美術館で開催中のプーシキン美術館展から。

〈とじ込み付録〉

始めよう!ベランダ菜園

自分で作った野菜が食卓を彩る。
そんな豊かな生活を始めませんか。
ベランダのプランターでできる野菜やハーブの
栽培方法をご紹介します。

〈時代を創る男たち〉

リリー・フランキー

〈好評連載〉
角田光代「あなたのことはよく知らない」
千 宗屋「和菓子十二か月」
清野恵里子「きもの歳時記」
ミヤケマイ「クロヤギ シロヤギ通信」
大塚あや子「ステッチワーク」
沼野恭子「現代ロシアのおとぎ話」
久保純子「ニューヨーク便り」
齋藤 薫「セカンドステージ」
ほか

撮影・大谷宗平(ナカサアンドパートナーズ)

クロード・モネ《草上の昼食》1866年
油彩・カンヴァス

ミセスからのお知らせ

一条恵観山荘×『ミセス』特別茶会を開催いたします

木村多江さんが訪れた一条恵観山荘で、『ミセス』特別茶会を行ないます。茶道の経験がない初心者のかたも大歓迎(洋装でもかまいません)。恵観山荘保存会のスタッフが丁寧に指導してくださいます。また山荘と庭園もゆっくりとご鑑賞いただけます。重要文化財の山荘で、格別の一碗をお楽しみください。(写真)右 一条恵観山荘内部/左 新緑が美しい山荘の庭園。


応募要項

    ●[日時]2018年6月17日(日)
 11時 集合、11時 半席入り 濃茶、続き薄茶→山荘、庭園鑑賞→点心席
●[会場]国指定重要文化財「一条恵観山荘」(鎌倉市浄明寺5の1の10)
    ●[席主、指導]恵観山荘保存会
●[点心]懐石料理「かまくら 一平」(鎌倉市由比ガ浜1の3の7)
    ●[定員]12名
    ●[会費]18,000円(税込み)
    ●[応募方法]
    郵便はがき、またはメールに、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、二人以上でご参加の場合はご同伴者の氏名を明記のうえご応募ください。
     〈はがき〉〒151-8524 東京都渋谷区代々木3の22の1 文化出版局『ミセス』編集部「一条恵観山荘特別茶会」係
     〈メール〉はこちらから。(件名に「一条恵観山荘特別茶会」とお書きください。)
      ●[応募締切]2018年6月7日(当日消印有効)
      ※応募人数が12名を超えた場合は、抽選で当選された方のみご連絡を差し上げます。その後会費をお振込みいただいた時点で予約完了となります。なお、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。

        ●[お問い合わせ先]ミセス編集部 ☎03-3299-2452

MENU