クッキングカードCooking Card

8

August 2018No764 .8

まぐろ

自家製ツナのサラダ
ツナを湯煎で手軽に。市販のものより
食感と風味を楽しめます

〈材料〉3~4人前

きはだまぐろ(さく) 150g(塩 小さじ1/3)
A
 にんにく(薄切り) 1/2かけ分
 あれば、タイム 3枝
 エキストラバージンオリーブ油 150ml
 
半熟卵、サニーレタス、トマト、
ゆでたじゃがいもやスナップえんどう
オリーブなど好みの食材 適宜

フレンチドレッシング
 粒マスタード 小さじ1/3
 白ワインビネガー 小さじ1
 エキストラバージンオリーブ油 小さじ2
 塩 ふたつまみ
 こしょう 適宜

〈作り方〉

  1. ツナを作る。きはだまぐろは、塩をふり、冷蔵庫に入れて10分おく。水気を拭き、2重にしたポリ袋に入れてⒶを加え、空気を抜いて袋の口を縛る。
  2. 深さのある鍋に①と多めの水を入れて火にかける。沸騰直前で火を弱め、途中でひっくり返しながら15分たったら火を止め、粗熱が取れたら袋ごと取り出す。
  3. ドレッシングを作る。ボウルにオリーブ油以外の材料を入れ、泡立て器で混ぜながら油を少しずつ加える。
  4. 食べやすい大きさに切った②のツナと半分に切った半熟卵、野菜を器に盛り、ドレッシングをかける。

    ※ツナは、オリーブ油につかった状態で、冷蔵庫で10日ほど保存できる。
きはだまぐろの
竜田揚げ
まぐろにしっかり下味をつけ、
高温の油でからっと揚げるのがこつ

〈材料〉2~3人前

きはだまぐろ(さく) 150g
A
 しょうが(すりおろす) 1/2かけ分
 しょうゆ 大さじ1
 酒 大さじ1/2
 砂糖 小さじ1

かたくり粉 適宜
せん切りキャベツ、レモン 各適宜
揚げ油

〈作り方〉

  1. ボウルにⒶを入れて混ぜ合わせ、つけだれを作る。
  2. きはだまぐろは1cm厚さのそぎ切りにする。①に加えてよくからめ、冷蔵庫に入れて30分ほどおく。
  3. ②の水気を拭いてかたくり粉をまぶし、190℃の油で香ばしい色がつくまで揚げる。
  4. 油をきって器に盛り、せん切りキャベツとレモンを添える。

ゴーヤー

ゴーヤーの春巻き
ゴーヤーを薄くスライスすると
熱が入りやすく、苦みが穏やかに

〈材料〉4人前

ゴーヤー 5cm
じゃがいも(中) 1/2個
クリームチーズ 40g
みそ 小さじ1
春巻きの皮 4枚
揚げ油

〈作り方〉

  1. ゴーヤーは、縦半分に切って種とわたを取り除き、薄切りにする。じゃがいもは、皮をむいてせん切りにする。
  2. 春巻きの皮は、角を手前に置き、みそを1/4量ぬり、じゃがいも、ゴーヤー、クリームチーズをそれぞれ1/4量ずつのせて巻き、水で溶いた小麦粉(分量外)をつけてとめる。同様に計4本作る。
  3. 170℃の油できつね色になるまで揚げ、油をきって器に盛る。
ゴーヤーとミートボール
のトマト煮
ほのかにきかせたスパイスが
ゴーヤーの苦みとマッチします

〈材料〉2~3人前

ゴーヤー 1/2本
牛豚合いびき肉 250g
A
 玉ねぎ(みじん切り) 1/2個分
 にんにく(みじん切り) 1/2かけ分
 小麦粉 大さじ1
 カレー粉 小さじ1
 塩 小さじ2/3

トマトソース
 トマト(ざく切り) 3個分
 玉ねぎ(みじん切り) 1/2個分
 にんにく(みじん切り) 1/2かけ分
 ローリエ 1枚
 塩、こしょう 各適宜

〈作り方〉

  1. ゴーヤーは、縦半分に切って種とわたを取り除き、5mm幅に切る。
  2. ミートボールを作る。ボウルにひき肉、Ⓐを入れてよく混ぜ合わせ、4cmの小判形にまとめる。フライパンにサラダ油適宜(分量外)をひき、肉だねを並べて強めの中火で焼く。両面に焼き色がついたら取り出す。
  3. トマトソースを作る。同じフライパンににんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ったら玉ねぎを加える。玉ねぎが透き通ったらトマトとローリエを加え、3/2量になるまで中火で煮込み、塩、こしょうで味を調える。
  4. ③に①、②を加え、ゴーヤーが少しくたっとするまでへらで混ぜながらさらに煮込む。

冬瓜

冬瓜と鶏手羽元の
エスニックスープ
夏の冷房で冷えた体に
しょうがたっぷりのスープを

〈材料〉3〜4人前

冬瓜 1/8個(約300g)
鶏手羽元 4本
ナムプラー 大さじ1 1/2
しょうが(すりおろす) 1かけ分
酒 大さじ1
塩、こしょう 各適宜
あれば、セロリの葉や香菜の根 適宜
香菜 適宜

〈作り方〉

  1. 冬瓜は、濃い緑の皮を薄くむいて種とわたを取り除き、一口大に切る。
  2. ボウルに鶏手羽元、ナムプラー、しょうがの半量を入れて手でもみ、10分おく。
  3. 鍋に水31/2カップ、酒、セロリの葉や香菜の根、①、②を入れて火にかける。沸騰したら弱火にしてあくを取り、冬瓜が透き通るまで20分ほど煮る。残りのしょうがを加え、塩、こしょうで味を調える。
  4. 器に盛り、ざく切りにした香菜をのせる。
冬瓜と鶏ひき肉のあえ麺
さっといためた具と麺を
お皿の上であえながらいただきます

〈材料〉2人前

そうめん 200g
冬瓜 1/8個(約300g)
鶏ももひき肉 100g
貝割れ大根 1パック

A
 マヨネーズ 大さじ2
 ゆずこしょう 小さじ1
 こしょう 適宜

めんつゆ(ストレート) 1カップ
刻みのり 適宜
サラダ油 適宜

〈作り方〉

  1. 冬瓜は、濃い緑の皮を薄くむいて種とわたを取り除き、せん切りにする。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、鶏ひき肉を入れて中火でいためる。肉の色が変わったら①を加えていため合わせ、冬瓜がしんなりしてきたら貝割れ大根を加え、さっといためる。
  3. ②の粗熱が取れたらⒶを加え、よく混ぜ合わせる。
  4. そうめんを表記通りにゆでる。冷水にさらして器に盛り、めんつゆをかけ、③を盛って刻みのりをのせる。

なす

焼きなすと豆腐の
コチュジャン丼
焼きなすは強めのじか火がポイント。
絹ごし豆腐と甘辛のたれが好相性です

〈材料〉2人前

ご飯 茶碗2杯分
なす 2本
絹ごし豆腐 1/2丁
大葉(せん切り) 3枚分

コチュジャンたれ
 コチュジャン 大さじ1
 しょうゆ 大さじ1
 砂糖 大さじ2/3
 酢 小さじ1
 白すりごま 大さじ2

白ごま 適宜

〈作り方〉

  1. 焼きなすを作る。なすは、へたのひらひらした部分を切り取り、網にのせて強めのじか火で焼く(魚焼きグリルで焼いてもいい)。片面が黒く焦げるまで転がさないこと。菜箸で挟んでみて皮と身が離れていたら裏返す。全体に焦げ目がついたら、熱いうちに指先を水で冷やしながら皮をむき、へたを落として2cm幅の輪切りにする。
  2. ボウルにコチュジャンたれの材料を入れて混ぜ合わせる。
  3. 器にご飯を盛り、軽くくずした豆腐と①をのせる。②をかけ、大葉をのせて白ごまを散らす。

    ※コチュジャンたれは冷蔵庫で2週間ほど保存できる。
蒸しなす
香味野菜だれ
ヘルシーで栄養たっぷり。
さっぱり味でいくらでも食べられます

〈材料〉2人前

なす 3本

香味野菜だれ
 しらす干し 大さじ2
 大葉(みじん切り) 5枚分
 みょうが(みじん切り) 1個分
 しょうが(みじん切り) 1/2かけ分
 しょうゆ 大さじ1
 酢 大さじ1

〈作り方〉

  1. なすは、ようじで数か所穴をあけ(破裂防止のため)、蒸気の上がった蒸し器で10分ほど蒸す。
  2. ボウルに香味野菜だれの材料を入れて混ぜ合わせる。
  3. ①の粗熱が取れたら手で細くさく。器に並べ、②をかける。
MENU