クッキングカードCooking Card

9

September 2018No765 .9

さんま

さんまのオーブン焼き
味をつけたパン粉をのせてオーブンへ。
すだちでさっぱりいただきます

〈材料〉2人前

さんま 2尾
すだち 3個
みょうが 2本

A
 パン粉 大さじ3
 オリーブ油 大さじ1
 しょうゆ 小さじ1

塩、こしょう 各少々

〈作り方〉

  1. さんまは、頭とわたを取り除いて三枚におろし、半分に切る。
  2. すだち1個は輪切りにする。残りはしぼる。みょうがは、縦半分に切り、せん切りにする。
  3. Ⓐを混ぜ合わせる。
  4. 耐熱容器に①の皮を上にして並べ、塩、こしょうをふり、すだちのしぼり汁を全体にふりかける。③をのせ、輪切りのすだちをのせて、230℃に予熱したオーブンで15分ほど焼く。
  5. 仕上げに②のみょうがを散らす。
さんまのパエリャ
魚介のスープが味の決め手。
好みでさんまのわたごと混ぜ込んで

〈材料〉2〜3人前。30cmパエリャ鍋1個分

さんま 2尾
米 1 1/2カップ
にんにく(みじん切り) 1かけ分
完熟トマト(小。輪切り) 1個分
魚介のスープ(*参照) 3カップ
サフラン ひとつまみ
塩 小さじ1/2
レモン 適宜
オリーブ油 大さじ1

〈作り方〉

  1. アルミ箔で鍋の上をすっぽり覆うふたを作る。
  2. 魚介のスープにサフランを入れて30分以上おく。
  3. パエリャ鍋(または、フライパン)にオリーブ油を温め、弱火でにんにくをいためる。米を洗わずに入れてさっといため、熱した②と塩を加えて混ぜる。強火にし、沸騰したら弱めの中火にして5分煮込む。
  4. トマトをのせ、①のふたをして弱火にし、鍋の端にも火が当たるように鍋を時々ずらしながら12〜13分煮込む。火を止めてそのまま10分蒸す。その間にグリルでさんまを焼く。
  5. ふたを取り、さんまをのせ、くし形切りのレモンを添える。

    *魚介のスープの作り方(作りやすい分量)
    鯛やきんめ鯛など白身魚のあら1尾分(または、内臓を取った白身魚小1尾)を鍋に入れ、白ワイン1/4カップを加えて中火で少し煮つめる。にんじん、玉ねぎ、キャベツの芯などを適宜加え、水を足してひたひたにする。沸騰したら弱火にし、ふたをせずに45分煮込み、こす。

    フライパンの場合、魚介のスープの分量は2 3/4カップ。④で煮込む時間を13〜15分に。

ムール貝

ムール貝の
エスカベーシュ
酸味が心地よい地中海風のマリネ。
豆やお米のサラダにも合います

〈材料〉2〜3人前

ムール貝 15個

A
 にんにく(薄切り) 1かけ分
 赤とうがらし(種を取り除く) 1/2本
 ローリエ 1枚
 パプリカパウダー(あれば、スモークパプリカ) 小さじ1
 粒黒こしょう 小さじ1/2

白ワインビネガー 大さじ1 1/2
塩 小さじ1/4
オリーブ油 大さじ3

〈作り方〉

  1. ムール貝は、貝どうしをこすり合わせて表面の汚れを取り除く。きれいに水洗いし、足糸は引き抜く。
  2. 鍋に①と水1/2カップを入れてふたをし、貝の口が開いて火が通るまで中火で5〜7分、蒸し煮にする。殻から身を外し、ボウルに入れる。
  3. 鍋に①と水1/2カップを入れてふたをし、貝の口が開いて火が通るまで中火で5〜7分、蒸し煮にする。殻から身を外し、ボウルに入れる。
  4. ②に③を加え混ぜ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて1時間以上つけておく。

    *冷蔵庫で2日ほど保存可能。
ムール貝の
にんにくバター蒸し
旬の時期にたっぷり食べたい一皿。
シンプルで飽きのこない味です

〈材料〉2〜3人前

ムール貝 15個

A
 にんにく(みじん切り) 2かけ分
 エシャロット(みじん切り) 2個分
 (または、玉ねぎ1/2個分)

赤とうがらし(種を取り除く) 1本
バター 20g
白ワイン 1/4カップ
イタリアンパセリ(みじん切り) 2本分
塩、こしょう 各適宜

〈作り方〉

  1. ムール貝は、貝どうしをこすり合わせて表面の汚れを取り除く。きれいに水洗いし、足糸は引き抜く。
  2. 鍋にバターを入れて火にかけ、Ⓐ、赤とうがらしを加え、中火でいためる。白ワインを加え、一煮立ちしたら①を加え、ふたをする。5分ほどして貝の口が開いたら火から下ろす。
  3. ②の鍋にイタリアンパセリをふり入れ、汁をスプーンですくってムール貝の身にかける。味をみて足りなければ塩、こしょうで調える。ふたをして、そのまま3分ほどおいて余熱で貝の身に完全に火を通し、器に盛る。

パプリカ

赤パプリカの
クリームスープ
赤パプリカをじっくりいためて
甘みを出すのがポイント

〈材料〉2人前

赤パプリカ(大) 2個
玉ねぎ 1/2個
にんにく 1かけ
牛乳 1/2カップ
塩、粗びき黒こしょう 各適宜
オリーブ油 大さじ2

〈作り方〉

  1. 赤パプリカは、へたと種を取り除き、粗みじんに切る。玉ねぎとにんにくは、みじん切りにする。
  2. 鍋にオリーブ油を温め、①を入れ、パプリカがしんなりするまで弱火で13〜15分じっくりいためる。
  3. ミキサーに②と水1/2カップを入れ、皮がつぶれるまで攪拌してピューレー状にする。
  4. ③を鍋に戻して弱火にかける。牛乳を加えて混ぜながら温め、塩で味を調える。
  5. 器に注ぎ、黒こしょうをふる。
赤パプリカの詰め物
肉だねを詰めてオーブンで焼くだけ。
簡単で見栄えのする料理です

〈材料〉2人前

赤パプリカ 2個
合いびき肉 300g
玉ねぎ 1/2個
にんにく 1かけ
白ワイン 大さじ2

A
 クミンパウダー 小さじ1/2
 塩 小さじ1/4
 こしょう 少々

オリーブ油 小さじ1

〈作り方〉

  1. 赤パプリカは、縦半分に切り、種の部分を取り除く。玉ねぎとにんにくは、みじん切りにする。
  2. フライパンにオリーブ油を温め、①の玉ねぎを弱火でいためる。透明になり、しんなりしてきたらにんにくを加えていため合わせる。にんにくの香りが立ったらワインを加え、水分がほぼなくなるまで煮つめる。
  3. ボウルにひき肉、粗熱を取った②、Ⓐを入れてよく混ぜ合わせ、①のパプリカに詰める。
  4. 200℃に予熱したオーブンに③を入れ、20分焼く。

かぼちゃ

かぼちゃと牛肉の煮込み
スパイスをきかせて。
クレソンを入れるのがスペイン流

〈材料〉2人前

牛肉(もも肉など。塊) 400g
かぼちゃ 250g
玉ねぎ 150g
クレソン 2束
しょうが 5g
クミンシード 小さじ3/4
オレガノ(乾燥) 小さじ1
白ワイン 大さじ3
塩、こしょう 各適宜
オリーブ油 大さじ1

〈作り方〉

  1. 牛肉は、一口大に切り、全体に塩こしょうする。かぼちゃは、種とわたを取り除き、一口大に切る。クレソンは長さを半分にする。
  2. 玉ねぎとしょうがは、みじん切りにする。
  3. 鍋にオリーブ油を熱し、牛肉を入れて中火で全面を焼き、いったん取り出す。
  4. ③の鍋に②を入れ、弱火でいためる。クミンシードを加え、香りが立ったらワインを加え、水分がほぼなくなるまで煮つめる。牛肉を戻して水3/4カップを加え、沸騰したら弱火にし、ふたをして20分煮る。オレガノをふり入れ、かぼちゃを加えてさらに15分煮る(水分が足りないようなら適宜足す)。塩、こしょうで味を調える。最後にクレソンを加え、3分ほど煮る。
かぼちゃのサラダ
香ばしく焼いたかぼちゃをサラダに。
マヨネーズソースがいいつなぎ役です

〈材料〉2人前

かぼちゃ 200g
生ハム 2枚
紫玉ねぎ 1/4個
ロメインレタス 2枚
トレビス 3枚
くるみ 8個

マヨネーズソース
 マヨネーズ 大さじ3
 ヨーグルト(プレーン) 大さじ1 1/2
 一味とうがらし 適宜

レモンのしぼり汁 1/4個分
オリーブ油 小さじ2

〈作り方〉

  1. かぼちゃは、種とわたを取り除き、8mm厚さほどのくし形に切る。フライパンにオリーブ油を温め、中火でかぼちゃを焼く。裏返してふたをし、弱火にして、かぼちゃの中まで火を通す。
  2. 生ハムは4等分に切る。紫玉ねぎは薄切りにする。ロメインレタスとトレビスは、食べやすい大きさに切る。
  3. マヨネーズソースの材料を混ぜ合わせる。
  4. ②をレモンのしぼり汁であえる。器に盛り、①をのせ、砕いたくるみを散らし、③をかける。

MENU