カルチャーCulture

design:Kimura Design Office,Inc

December 2018 No768  .12

EDVARD MUNCH

ムンク 感情を描く画家

あの有名な絵画「叫び」の作者として知られる、エドヴァルド・ムンク。ノルウェーが誇る国民的画家の作品と芸術家としてのあり方について、東京で開催中の「ムンク展」の担…[続きを読む]

design:Kimura Design Office,Inc

November 2018 No767  .11

日仏友好 160年

フランスの中の日本

日本人にとってフランスの 様々な美意識が特別すてきに思えるように、 フランスもまた日本の感性に憧れ、 自国の文化に取り入れてきました。 今年は、日仏友好160年…[続きを読む]

design:Kimura Design Office,Inc

October 2018 No766  .10

「ユキ・パリス コレクション」より ヨーロッパのレースの魅力

白い宝石

ユキ・パリスさんが長年かけて収集しているヨーロッパの女性たちの手仕事の一つにレースがあります。1600年代から1800年代末にかけて作られた〝驚愕〟という言葉が…[続きを読む]

design:Kimura Design Office,Inc

September 2018 No765  .9

伝統からモダンへ

日本文化の新しい試み

茶の湯を大成した千利休は、竹を用いた花入れや茶杓を作ることで、それまでの茶の湯の価値観を大きく覆し、その弟子・古田織部が指導したとされる「織部焼」は、形、色、紋…[続きを読む]

design:Kimura Design Office,Inc

September 2018 No765  .9

THE MASTERPIECE

名品と呼ばれる、その理由 [暮しのアイテム編]

照明、テーブル、壁掛け時計、傘立てに収納家具まで。暮しを支え、日々を快適にしてくれる数々の道具の中から、長く愛され、使い続けられてきた名品と呼ばれるアイテムを集…[続きを読む]

design:Kimura Design Office,Inc

September 2018 No765  .9

『ミセス』読者イベント

幸せをよぶ手仕事 ユキ・パリス コレクション展 

9月13日(木)~24日(月)に、東京「松屋銀座」にて、9年ぶりとなるユキ・パリス コレクションの展覧会が開かれます。ユキ・パリス コレクションはユキ・パリスさ…[続きを読む]

MENU