ライフスタイルLifestyle

design:Kimura Design Office,Inc

April 2019 No772  .4

【連載】《大塚あや子のステッチワーク》⑯

ビーズ刺繍

ビーズ刺繡は、広い地域で時代や民族を問わず使われてきました。大きくは民族模様(アフリカや北米インディアンなど)と、洗練されたファッションに用いられたものに分けられます。17世紀にヴェネツィアのガラス細工師によって小さなビーズが製造されると、表現の幅が広がり、繊細で美しい作品が生み出されるようになりました。スチュアート王朝及びヴィクトリア王朝の貴婦人をも魅了したのです。
MENU