ライフスタイルLifestyle

design:Kimura Design Office,Inc

May 2018 No761  .5

【連載】《大塚あや子のステッチワーク》⑤

レッドワーク

レッドワークは赤い糸で刺す刺繡。赤は、アジアや中近東では魔よけの意味が強く、健やかな成長を願って衣服などに刺繡されてきました。対してヨーロッパではほとんどが線のステッチのみで表現され、芸術性というよりも、ナプキンのような日用品に多用し親しまれていたようです。レッドワークの発達は染料の中でも赤が作りやすい色であったことと関係しています。今回のデザインは17世紀初めのイタリアの作品をアレンジしたものです。
MENU