ミセスからのお知らせHot News

12/9 世界遺産・平等院の特別拝観付!「錦秋の宇治茶会」のご案内

『ミセス』2017年11月号で吉田羊さんが訪れた宇治におきまして、ミセス特別茶会を行います。茶道の経験が全くない初心者の方も大歓迎。紅葉のアーチをくぐった先にある興聖寺で一碗とお昼を楽しんだあと、朝日焼窯元の見学、そのあと平等院鳳凰堂の内部と、閉館後の鳳翔館ミュージアムを貸切り、ミセス限定の特別見学を行います。真っ赤に染まる紅葉とともに、宇治の文化と格別の一碗をお楽しみください。(写真右)興聖寺 撮影・水野克比古


応募要項
    ●[日時]2017年12月9日(土)
11時   JR宇治駅に集合
11時半 興聖寺でのお茶会 濃茶・続き薄茶→点心席
14時  朝日窯窯元見学(解説・朝日焼 松林俊幸氏)
16時  平等院鳳凰堂内部特別見学(解説・田中正流学芸員)
     閉館後の鳳翔館ミュージアムを貸切り見学

●[茶会会場]興聖寺(京都府宇治市宇治山田27-1)
    ●[茶会席主]松林豊斎(十六世朝日焼当主)
    ●[定員]15名
    ●[会費]21000円(税込み。点心つき)
    ●[応募方法]
     郵便はがき、またはメールに、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、二人以上でご参加の場合はご同伴者の氏名を
     明記のうえご応募ください。
     〈はがき〉〒151-8524 東京都渋谷区代々木3の22の1 文化出版局『ミセス』編集部「宇治茶会」係
     〈メール〉はこちらから。(件名に「宇治茶会」とお書きください。)
      ●[応募締切]2017年11月30日(当日消印有効)
      ※応募人数が15名を超えた場合は、抽選で当選された方のみご連絡を差し上げます。その後会費をお振込みいただいた時点で予約完了となります。なお、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。

        ●[お問い合わせ先]ミセス編集部 ☎03-3299-2452
MENU