Person

design:Kimura Design Office,Inc

July 2019 No775  .7

〈次世代への手紙〉第7回

横尾忠則

幼いころに親族の養子に入り、一人っ子としてとてもかわいがられて育ったという横尾忠則さん。グラフィックデザイナーから、アーティストに転向し、時には作家としても好きなことを自由に表現してきたのは、「受け身」でいたからだと語ります。戦前から現在にかけて、激動の時代を自由な目で見つめてきた横尾さんの視線の先は今どこにあるのでしょうか。
MENU