Person

design:Kimura Design Office,Inc

August 2019 No776  .8

〈次世代への手紙〉第8回

谷川俊太郎

日本でいちばん有名な詩人。約70年詩を書いてきて今なお「詩を書くのが楽しくてしょうがない」という谷川さんは、「無意味であること」は意味があることと同じくらい大事なことであり、音楽のように「無意味」な世界に詩を近づけたいと語ります。年齢を重ねたからこそ得られた詩の表現、言葉について伺いました。
MENU